2018年5月15日火曜日

フクロウ, 背景, カバーアップ, ハチ, 唐獅子

暑くなりましたねえ。
夏より今の方が紫外線が強いそうで、外仕事のお客さん達は、もう日焼けしてます。
肌ケア、気をつけましょうね。


今回も「かがみはら航空宇宙博物館」で撮った写真なんです。
前回とは違って、久々のミニチュア加工写真特集です。


ミニチュア加工とは、おもちゃのジオラマ風に見える写真です。
英語では TiltSift ティルトシフト。
そういうレンズもありますが、僕の場合は撮った写真をパソコンで加工してます。


その加工は基本、上下をぼかします。
ピントが合ってる部分が狭いと、小さいものを見てると目が錯覚するんです。


どんな写真でもいいわけじゃなく、ミニチュア加工に適した写真があります。
こんな感じで少し斜め上から撮ったものがいいです。
飛行機はおもちゃに見えやすいし、人が写ってるのも好きです。
だからここは最適な撮影スポット、狙って撮ってます。


このアングルでの加工は難しいんですが、近くから撮ってピントの具合もよかったし、後ろの壁も良かったです。


ティルトシフトはアプリでも色々あるんで、試してみると面白いですよ。


ティルトシフトでタイムラプスの動画とか、凄く好きなんですが、手間がかかるので今は作ろうと思わないんですが、Youtubeで傑作がいっぱい見れます。


んーーー写真が多くて書くことが無い。。


そーいえば、インスタグラムの写真編集機能で、ティルトシフトがありましたよ。


ティルトシフトのコツは、コントラストを上げて、彩度を上げることです。
それと人が写ってる事で、オモチャじゃ無いよと、アピールしてます。


タトゥー
フクロウのドアノッカー、完成しました。
無い物をデザインするのは時間が掛かりました。

前回のデザインから少し変えるだけですぐ出来ると思ってましたが、ちょっと違うだけだと面白く無いので、より悩みました。
オスメスに見えると意見を聞きましたが、そんなつもりは無いけど、確かに。。

ありがとうございました。


ヘビとナイフの背景、完成しました。
上が和彫、腕の反対側はファイヤーパターンの背景。
それをまとめるのは、結構大変でしたが楽しい仕事でもありました。

ありがとうございました。


今回のブログは直しが多いです。
こちらはカバーアップ、下のものを黒く塗りつぶしました。
真っ黒に塗りつぶして欲しいと、オーダーでしたが、一応模様にしました。

ありがとうございました。


ベスパのマーク、ハチです。
全国の有名彫り師さんの作品コレクターの方が、また来てくれました。
もう入れるところが無いかと思ってたんですが、まだ耳裏があると。わざわざ静岡から来てくれました。
単純な絵になると、話してたんですが、結構細かくできました。

こちらの方も塗りつぶしを希望されました。
ちょっと気に入らないものがあるそうで、先輩方の作品に気を使いながらやらせて頂きました。

ありがとうございました。


そして大掛かりな直し、唐獅子のカバーアップも完成しました。
色々と消してます。
触って無いのは梵字だけです。

ありがとうございました。




0 件のコメント: